バッファローのWZR-1750DHPをDD-WRT化する。

現在、WZR-1750DHP2を1階、2階用の2台持っているのですが、
私の用途では、APモードで使用できれば良い。

だが、APモードにすると
   ・VPNサーバ機能使用不可
   ・DHCPサーバ機能使用不可
   ・WOL使用不可

みたいな感じなので、新たに機器を追加することにしました。

   ・PPTPは脆弱性があるので他のVPNサーバ機能を使用したい。
   ・安価に抑えたい。ただ、スペックで妥協は嫌。
   ・省電力にしたいのでx86サーバは立てたくない。
   ・WZR-1750DHP2のデザインは気に入っている。
   ・無線機能は不要。

ということで、同じものを購入します。

①WZR-1750DHPを購入。
  今回は中古でいいと思っています。
  じゃんぱらで購入。今日現在でも\8,800で売っている。

②DD-WRTのRouter DataBaseから『WZR-1750DHP』で検索。
   『Webflash image for first installation』の『factory-to-dd-wrt.bin』をDL。
   Photo

③WZR-1750DHPのファームウェア更新画面から『factory-to-dd-wrt.bin』を選択し、更新。
   Photo_2

USのバッファローのサイトから、『WZR-1750DHPD』のファームウェアをDL。
   Photo_3

⑤DD-WRTのファームウェア更新画面から、『wzr1750dhpd-v24sp2-23709c.bin』を選択し、アップデート。
   Photo_4

これでUSで売っている、WZR-1750DHPDと同等の機器になりました。
   Photo_5

メリット
   ・VPNはopenVPNが使用可能。
   ・DHCPサーバ機能使用可能。
   ・WOL使用可能。
   ・安価で高機能。
   ・GUIがメーカー純正っぽい。というか一応純正。

デメリット
   ・日本語表示カタコト。
   ・無線使用不可。使用できるが高出力のため電波法に抵触する。
   ・GUIからopenVPNの状態が表示されない。実際は動いているのでCLIで状況確認可能。
   ・opkg使用不可。なぜかpermission deniedになる。

用途が限られている方にはまぁまぁ良いのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC TV with nasne + Intel HD 4000で嵌る

久々に嵌った。

【現象】

   PC TV with nasneで著作権保護エラーのため、地デジや地デジから録画されたビデオ が再生できない。
   Torne_2

【環境(関連する部分のみ)】

   M/B:DZ77RE-75K
   内蔵GPU:Intel HD Graphics 4000
   OS:Windows 8.1 Pro x64
   ディスプレイ:グリーンハウス GH-JEF223SH-LB

【切り分け】

   ①SONYのサポートページを見てみる。
      一番近いであろう症状はコレ

   ②各社切り分けツールを使ってみる。

      ピクセラ StationTV S 動作確認ツール
      Stationtv
      HDCPまたはACP/CGMSに対応したディスプレイを使用してください。

      I-O DATA 地デジ相性チェッカー
      Iodata_2
      グラフィック機能がCOPPに対応していません。

   ③ディスプレイを疑ってみる。
      グリーンハウスのQ&Aを見てみると、GH-JEF223SH-LB はHDCPに対応している。
      しかも2008年製のためこの頃であれば、HDMI端子の規格にも準拠済みのはず。

   ④COPPを疑ってみる。
      COPPはハードウェアではなくソフトウェアレイヤーの問題。
      ということは、OSもしくはドライバー?
      しかし、Windows UpdateもIntel Driver Update Utilityも問題ない。
      インテル グラフィックス・コントロール・パネルにも該当するような項目は無い。
      ということはBIOS?

   ⑤UEFIから該当項目を探し、変更。
      Windows8でのUEFIの入り方はコチラ

      M/B、CPUの認識はこんな感じ。
      Uefi_5

      右上の『Advanced Setup』をクリック
      Uefi_advanced_setup_2

      『Devices & Peripherals』-『Video』から
      『Intel Graphics Performance Analyzers』のチェックを外す。
      Uefi_6
      Uefi_7

      よくよく見ると、
      『この項目はソフトウェア開発者用です。
      内蔵GPUのH/Wアクセラレーターを使用してBDを見るときは無効にしてください。』
      みたいなことが書いてある。
      Uefi_8

   ⑥結果、見れるようになりました。
      各社診断ツールもご覧のとおり。
      Iodata_3
      Stationtv_2

おそらくIntel系のCPU内蔵GPUを使用して地デジチューナーを使用する場合、
同様の手法で対処可能かと思われます。
細かいメニューの名称は異なるでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレスタットスピーカー ツィーター部分のP/N

SONYのエレスタットスピーカーのツィーター部分のP/Nを調査してみた。


パッケージスピーカー型番P/Nパーツ名称コネクタ
COMPO-S SA-S1 1-504-388-11
1-504-511-11
SPEAKER (025C001)
SPEAKER (025C002)
ギボシ
MHC-J970EX SA-S970
MHC-7900(※) SA-H7900
MHC-S90C SA-S900 1-504-680-11 SPEAKER (025C003) ギボシ
MHC-C9EX(※)
MHC-EX10AV(※) SA-EX100 ? ? ?
DHC-MD9 SA-MD9 1-505-148-11 SPEAKER (025C005) 2x3pin
MHC-EX100AV(※) SA-EX200
SS-R10 SS-R10-L 1-505-201-11 SPEAKER (025C007) ?
SS-R10-R ? ?

(※)海外モデル


【考察】

   ・SA-S1用とMHC-J970EX用は互換性あり。

   ・1-504-511-11のStatusはUnknownなので海外からなら輸入できるかも。

     (限りなく望み薄いですが…)

   ・MHC-J970EX用とMHC-S90C用はアクリルカバーのネジ穴の位置、

     振動膜・電極板の高さが異なる。流用不可と思われる。

   ・DHC-MD9用はアクリルカバーの厚さ、コネクタ形状が異なる。

   ・SS-R10用は論外。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY SA-S1 メンテナンス -スピーカースタンド-

SONY SA-S1 メンテナンス -スピーカースタンド-
こちらは今回メンテナンスしたのとは別個体です。
オーディオルームのメインシステムで使用しています。

1_6

メンテナンスしなくても十分に高音が出ます。
前ユーザーは余程大事に使用していたのでしょう…。

このスピーカーは指向性が強いので高さが重要です。

専用のスピーカースタンドなんて当然存在しないので
オーダーメイドで製作して頂きました。

2_7

今回お願いしたのは『創造小屋 BIGOT & OLIVE』さんです。
ブログでも紹介して頂きました。

ちなみにインシュレーターは『SS-AL5mkII』用です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SONY SA-S1 メンテナンス -ゴム足の取り付け-

このスピーカーのMDF合板はとても脆いです。
(経年劣化のせいかもしれませんが…)

尖ったインシュレータを使おうものならすぐに陥没してしまいます。
まぁ、スピーカー自体の重量があることも原因ですが。

重低音の出過ぎを軽減するため、ゴム足を取り付けます。

今回用意したのはゴム足は
3M CC-05』です。

1_5

これは簡単。
両面テープが付いているので貼り付けるだけです。

2_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY SA-S1 メンテナンス -高音出力調整-

ツィーターユニットを分解・洗浄しても高音が思うように出ない個体があります。
私が持っている6台中、2台はこの症状に陥りました。

そこで高音出力を調整できるよう改造します。


①スピーカーを裏返します。
   ツィーターユニットが出っ張っていますので、
   本を重ねてその上に置いたりして適宜工夫してください。


①底面の蓋を取り外します。
   赤丸部分の+ネジを6本外します。

1_4


②底面をみて右中央あたりの『C112(6.8KΩのカーボン抵抗)』
   に半固定抵抗を並列させます。

   ここの抵抗が0Ω(直結)の場合に、ツィーターが最大出力になります。
   つまり、0Ω~6.8KΩの間で調整してあげればいいのです。

2_5


③今回用意した半固定抵抗は以下とおりです。

   東京コスモス電機 GF063XB502
   単回転型サーメットトリマ
   1/2W 5KΩ

3_4

   元の抵抗が6.8KΩですので、元の音も出せるようにしたい方は
   10KΩのGF063XB103でも構いません。

   その分調整は細かくなりますが…。


④ピンを以下のように折り、#2、#3ピンを短絡させ、はんだ付けします。

4_4

5_5

⑤『C112(6.8KΩのカーボン抵抗)』に半固定抵抗を並列させます。
   ※『JW140(R141)』と短絡させないように注意してください。

6_4


⑥ダイヤルを右に回せば高音が大きく、左に回せば小さくなります。

⑦動作確認をします。
   この時点では底面の蓋は取り付けず、自分の好みに合わせて
   半固定抵抗のダイヤルを回し高音の出力を調整します。
   ※感電しないよう注意してください。

   今回の場合、1台が約2KΩ、もう1台が約0.5KΩでした。
   本当に個体差が激しいです。

⑧底面の蓋を取り付けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY SA-S1 メンテナンス -端子交換③-

①前回同様にスピーカーユニット側にメス側の端子を取り付けます。
   こちらは配線の長さが本当に余裕がないため失敗しないようにしてください。

15

16


②スピーカーユニットの上面から配線を通します。
   このスピーカーは上面から底面に筒状の穴が貫通していますので
   スルスルと入っていきます。

17

18


③ギボシ端子を接続します。
   新品はキレイですね。

19


④分解したときの逆の手順で組み立てていきます。
   (1)底面の蓋取り付け
   (2)ツィーターユニット組み立て
   (3)ツィーターユニット取り付け
   (4)ツィーターカバー取り付け

⑤ここで一度動作確認しておきましょう。
   2時間くらい鳴らしっぱなしで放置しておきましょう。
   女性ヴォーカル曲、シンバルやパーカッションを多用している曲等
   ツィーターを酷使するような曲を選んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY SA-S1 メンテナンス -端子交換②-

①今回用意したのはF2MusicさんのSP-R1 for P01です。
   ロジウムコーティングされているギボシ端子です。

8


②ワイヤーストリッパーで被膜を剥きます。
   芯線は0.8mmでした。

9


③ビニールカバーを通し、オス側の端子を圧着します。
   本来は圧着工具を使用したほうが良いのですが、
   ラジオペンチでも問題ありません。

10

11


④はんだを流し込みます。
   今回用意したのはオヤイデ電気さんのSS-47です。

   それにしてもいつまでたっても無鉛はんだは慣れません…。
   融点が高くて扱いずらいです。

   引っ張っても外れないくらい多めに流し込んでください。

12


⑤配線の根元側も圧着します。

13


⑥電極版をはんだ付けします。
   ここはもともと電極版に付いていたはんだをそのまま使用してください。

14

   とういうのも、無鉛はんだは融点が高いのです。
   あまり長時間、電極版にはんだごてをあてて
   電極版の塗装を焦げ付けさせないための処置です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY SA-S1 メンテナンス -端子交換①-

①スピーカー前面が上に来るように置きます。

1_3


②赤丸部分の+ネジを2本外します。

2_4


③赤丸部分のタイラップをニッパーで切断します。

3_3


④ツィーター配線を引き出します。

4_3


⑤ビニールカバーが劣化し、黒ずんでいるのが確認できます。
   触ってみるとベトベトしており、カバーの中身は半液状化しています。


⑥赤線部分をニッパーで切断します。
   この配線、あまり長さに余裕がありませんので
   赤線部分で切断してください。

5_4


⑦配線を取りだすとこんな感じです。
   『CSA TYPE TV-10 XLHOPE 105C PT1 SUMITOMO-Y』
   と刻印があります。

6_3

7

⑧配線は経年劣化したビニールカバーのせいでベトベトです。
  中性洗剤でキレイに拭いておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY SA-S1 メンテナンス -分解編(ツィーター②)-

①『シールはがし』を電極板とアクリルカバーの間に吹きかけます。
   大量に吹きかけてください。

   慎重にアクリルカバーを外します。
   ここら辺は先駆者の皆様のほうが詳細に書いてますね。


②電極板と震動膜を剥がします。
   ここでも『シールはがし』を吹きかけます。
   大量に吹きかけて、数分待ってください。

   すると、接着剤がジェル状になっていきます。
   そこで端子部分側から少しづつはがし、
   電極板と、震動膜についているプラスチック枠の間に
   板状のものを差し込んでいきます。

3_2

   ジェル状になった接着剤を引き裂いていく感覚ですね。


③アクリルカバー、電極版を剥がしたら
   振動膜に付着している接着剤にシールはがしを吹きかけ
   ジェル状になったものを爪やヘラ等で取り除きます。

   全て取り除くとここまでキレイになります。

4_2

   赤枠で囲んだ部分がツルツルになります。

5_2

   これで再び固着することはほぼあり得ないでしょう。


④電極版の裏に付いた接着剤も同様に
   取り除きます。


⑤アクリルカバー、スポンジ、電極版、震動膜を中性洗剤で洗い
  乾燥します。

6_2

  タオルで軽く拭いて30分程度置いておけば大丈夫です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«SONY SA-S1 メンテナンス -分解編(ツィーター①)-