« SONY SA-S1 メンテナンス -分解編(ツィーター①)- | トップページ | SONY SA-S1 メンテナンス -端子交換①- »

SONY SA-S1 メンテナンス -分解編(ツィーター②)-

①『シールはがし』を電極板とアクリルカバーの間に吹きかけます。
   大量に吹きかけてください。

   慎重にアクリルカバーを外します。
   ここら辺は先駆者の皆様のほうが詳細に書いてますね。


②電極板と震動膜を剥がします。
   ここでも『シールはがし』を吹きかけます。
   大量に吹きかけて、数分待ってください。

   すると、接着剤がジェル状になっていきます。
   そこで端子部分側から少しづつはがし、
   電極板と、震動膜についているプラスチック枠の間に
   板状のものを差し込んでいきます。

3_2

   ジェル状になった接着剤を引き裂いていく感覚ですね。


③アクリルカバー、電極版を剥がしたら
   振動膜に付着している接着剤にシールはがしを吹きかけ
   ジェル状になったものを爪やヘラ等で取り除きます。

   全て取り除くとここまでキレイになります。

4_2

   赤枠で囲んだ部分がツルツルになります。

5_2

   これで再び固着することはほぼあり得ないでしょう。


④電極版の裏に付いた接着剤も同様に
   取り除きます。


⑤アクリルカバー、スポンジ、電極版、震動膜を中性洗剤で洗い
  乾燥します。

6_2

  タオルで軽く拭いて30分程度置いておけば大丈夫です。

|

« SONY SA-S1 メンテナンス -分解編(ツィーター①)- | トップページ | SONY SA-S1 メンテナンス -端子交換①- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONY SA-S1 メンテナンス -分解編(ツィーター②)-:

« SONY SA-S1 メンテナンス -分解編(ツィーター①)- | トップページ | SONY SA-S1 メンテナンス -端子交換①- »